ケーキ類

【パウンドケーキの基本レシピ】しっかり混ぜてしっとりふっくら

2019-06-23

パウンドケーキ

パウンドケーキは、材料がとてもシンプルで計量もすべて同じ分量なので、
お菓子作りにありがちな「材料を準備するのが面倒だからやらない(# ̄^ ̄)」というものぐさから解放されます。
時間もそんなにかからないので、面倒な…優雅な午後の奥様ティータイムにも間に合います。

 

焼きたても美味しいのですが、一晩置くとしっとりして味もなじんでくるので、
乾燥防止にラップをして常温(25℃以下)保存し、切り分けてお出しするといいと思います。
日持ちもするので、プレゼントにも最適です。

 

バターの香りが広がり、具材で色々なアレンジができる定番の焼き菓子です。
ケーキの膨張方法としましては、【シュガーバッター共立て法】で膨らませます。
パウンドケーキについて詳しく↓

 

材料:パウンドケーキ 長さ18cm 1個分

【粉類】
薄力粉 120g
ベーキングパウダー 4g
【その他A】
無塩バター ※室温に戻しておく 120g
パウダーシュガー(砂糖でも可) 120g
【その他B】
卵 ※室温に戻しておく 2個(120g)
バニラオイル 適宜

今回使用した型
175×65×H45mmのパウンドケーキ型

 

step
1

バターを柔らかくなるまで、よく混ぜる

 

step
2

パウダーシュガーを3~4回に分けて加え、その度に全体が白っぽくなめらかになるまですり混ぜる。

※バターが混ぜ不足だと、膨らみが悪く焼き上がりも固くなってしまうので、しっかり混ぜる。

 

step
3

充分溶きほぐした卵を、4~5回に分けて入れ、その度によく混ぜる。

ふんわりと、よく混ざった状態。

※卵の量が増えていくと分離しやすくなるので、卵を加えるたびによく混ぜる。

 

step
4

・バニラオイルを加えよく混ぜる。
・ふるった粉類を一度に加え、ゴムベラで切るように混ぜる。

全体がなめらかになり、つやが出てくるまで切るように混ぜる。

 

step
5

・生地を型に入れ、表面を平らにならす。
・冷えて固いままのバターを棒状に切り、中央にのせる。(焼き上がり時に割れ目をつけるため)

※分量外のバター

 

step
6

・230℃で10分焼く。
・170℃に下げて30~40分焼き、できあがり。

※お持ちのオーブンによって、焼き時間を調整してみて下さい。
金属製の型を使用した場合は型から出し、オーブンシートを付けたまま網の上で冷ましておく。

 

パウンドケーキの感想は…

海原はるかオーブン師匠↓のクセで、

生地と上に乗せたバターが引っ張られてしまい、綺麗な割れ目ができませんでした。
周りにオーブンシートを巻き、途中で前後を変えましたが師匠のパワーにはかなわなかったので、追加対策中。

ケーキ自体はバターが香り甘さも丁度よく、表面はサクッと仕上がりました。冷めてから切り分けます。

 

作った当日もしっとりして美味しいですが、一晩寝かせると味も馴染んでまろやかになります。

冷凍保存もできるので、切り分けたら一つずつラップをし冷凍庫へ。
自然解凍で食べられます。

 

パウンドケーキに合うお茶は、柑橘系の香りを持つ『アールグレイ』のストレートティーがおすすめ。
華やかな香りが、バターの濃厚なケーキを引き立ててくれます。

トト
(o´Д`)=з混ぜるの疲れた…
管理人
ハンドミキサー買いますか…

-ケーキ類
-,

© 2020 工房toto&Rum