ケーキ類

【シフォンケーキの基本レシピ】ふわふわ食感*うっとりする柔らかさ

シフォンケーキ

シフォンケーキは、家庭にある材料で簡単にできるので、思い立った時に作れます。
今回はベーキングパウダーは使用せず、メレンゲのみで膨らませます。

食感はスポンジケーキよりキメが細かく ”しっとりふわふわ”。ほおばった瞬間「うっとり…」するケーキです。

 

シフォンケーキとは

シフォンケーキは、食感が絹織物のシフォンのように軽いことから名付けられました。
スポンジケーキの一種で、角が立つまで泡立てた多量のメレンゲで膨らまし、生地に植物油(サラダ油)を加えることでフワフワ食感になります。

メレンゲが膨張剤として十分に作用するので、ベーキングパウダーを省略したレシピも多いケーキです。
ベーキングパウダーを使用すると弾力のあるシフォンケーキができます。

 

この生地に植物油(サラダ油)を加えるというレシピは、シフォンケーキの考案者『ハリー・ベーカー』が公表しなかったため長年製法は謎とされてきましたが、自らの高齢などを理由にレシピが世に出たという経緯があります。

シフォンケーキの型は元々、アメリカ菓子のひとつ『エンジェルフードケーキ』のために作られた型(Angel Food Cake Pan)だそうで、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴です。

 

シフォン型について

型は色々な種類があり、大きいものから手ごろな食べきりサイズまで様々です。
大きいシフォンケーキを囲んでティーパーティーもいいですし、小さいものはプレゼントにも最適です。
今回は、ひとり分サイズのシフォンケーキを作ります。

 

シフォンケーキは焼き縮みを防ぐため、生地が型から剥がれにくいアルミ製などがおすすめです。そのため、型に油脂なども塗りません。 

使用した型は、トールシフォン型シリーズの10cmです。

 

材料:シフォンケーキ 10cmトールサイズ 2個分

【卵A】
卵黄(Mサイズ) 3個分
グラニュー糖(砂糖でも可) 12g
【その他】
サラダ油 30g
水または牛乳  35g
【粉類】
薄力粉 55g
【卵B】
卵白(Mサイズ)※冷やしておく 3個分
グラニュー糖(砂糖でも可) 40g

※10cmトールシフォン型用のレシピを使わせてもらいました。

 

step
1

・【卵A】の卵黄をボールに入れ、泡だて器で溶きほぐす。
・グラニュー糖を加え、白っぽくなるまで混ぜる。

 

グラニュー糖を加えたまま時間がたつと、卵黄がダマになってしまうので直ぐに混ぜる

 

step
2

サラダ油を少しずつ加えながら、卵黄になじむようにしっかり混ぜる

 

サラダ油がメレンゲの泡を消す原因になるので、よく混ぜる。

 

step
3

水または牛乳を加えて、よく混ぜる。

 

 

step
4

ふるった薄力粉を全て入れ、なじむまで混ぜる。

 

シフォンケーキは粉をしっかり混ぜてもよい。

 

step
5

【卵B】の卵白を別のボールに入れ、グラニュー糖を3回に分けて加えながら泡立て、角が立つしっかりとしたメレンゲを作る。

 

 

step
6

・step4の生地にメレンゲを1/3くらい加え、ゴムベラですくうように混ぜる。
・混ぜた生地を残りのメレンゲの方に加え、すくい上げるようにムラがなくなるまで混ぜる。

 

 

step
7

型にそっと流し入れる。

 

型の一か所に流し入れ、空気が入らないように注意する。

 

step
8

180℃で15分焼く。

 

※お持ちのオーブンによって、温度・時間を調整してみて下さい。

焼きあがったら、焼き縮みを防ぐために逆さまにして冷ます。

 

シフォンナイフで型から外して、できあがり。

 

 

実食:シフォンケーキ

卵の風味を感じる、しっとりふわふわなシフォンケーキに仕上がりました。
包丁で切り分けるのが難しいくらいのふわふわ感です。

甘さ控えめで繊細な味なので、合わせる紅茶は渋みが少なくあっさりとした味わいの『ジャワ』が合うと思います。

 

トト
色んなバリエーションも作りたい
ラム
紅茶シフォンケーキとかね

-ケーキ類
-,