アロマクラフト

お風呂でリラックス&スキンケア【アロマバスオイル】

2019-10-05

アロマバスオイル

秋分の日が過ぎると、だんだん日が短くなっていきます。
夜が長くなると、読書(マンガです)や映画を見たり、なんだか得した気分になる今日この頃です。

そこで秋の夜長をまったり過ごすために、スキンケアも兼ねたリラックスできるアロマバスオイル(入浴剤)を作ってみることにしました。

 

簡単まぜるだけ ~作り方~

精油の作用と、自身の好みの香りで作ったものです。
お試しサイズなので多めに作りたい場合は、精油濃度を守って分量を増やしてみて下さい。

精油と基材

  • 精油濃度:5%
  • 精油1滴=0.05ml

ゼラニウム・エジプト 4滴
*イランイラン 3滴
ネロリ 3滴
*バスオイル 10ml

 

step
1

ドロッパー付きの遮光瓶にバスオイルをいれる。

 

 

step
2

精油を1滴ずつ入れ、そのたびによく振り完成。

 

 

精油を乳化させるためにバスオイルを使用します。原液を直接浴槽に入れると湯面に浮き、原液が皮膚に触れて肌を荒らす原因にもなるので、バスオイルなどの乳化剤を用いましょう。

 

作用と禁忌について

それぞれの精油についてはアロマオイルの項に書いていきますので、
ここではアロマバスオイル全体の作用について見ていきます。

    • 抗真菌作用
    • 収斂作用(肌を引き締める)
    • 鎮痙攣作用
    • 抗鬱作用
    • 神経強壮作用

【禁忌】

妊婦の方、ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには用法用量を守って使用する

 

香りの印象は

『先にネロリのちょっと苦みのある爽やかなフローラルさが香り、ゼラニウム・エジプトのローズ調が主で、イランイランのムスクのような甘さが香る』といったところでしょうか。

主観ですが、ちょっと贅沢で優雅な奥様風の香り(どんな?)に仕上がったので、お風呂で読書やテレビなどリラックスするのに向いたバスオイルです。

筋肉の痛みや痙攣の緩和、皮膚の乾燥防止や抗感染症、月経前症候群(PMS)にも効果を発揮するので、マッサージしながらゆっくり入浴すると心と体のコリもほぐれて、お肌もスベスベになると思います(∩ˊ꒳​ˋ∩)・*

-アロマクラフト
-

© 2020 工房toto&Rum