アロマクラフト

気分が落ち込んだ時*心をリセット【アロマリードディフューザー】

2019-05-04

アロマリードディフューザー

令和元年のゴールデンウィークは驚愕の10連休だった訳ですが…
残り少なくなるにつれて

管理人
(*-ω-)。o○(会社行きたくないぃ…)

と日々、死刑執行を待つ気分の今日この頃であります。(どんなだよ)

連休だった方もお仕事だった方も、気分が優れない『5月病』に気を付けよう!ということで、精神の不調を解消するアロマリードディフューザーを作ってみることにしました。

 

簡単まぜるだけ ~作り方~

精油の作用と、自身の好みの香りで作ったものです。
お試しサイズなので多めに作りたい場合は、精油濃度を守って分量を増やしてみて下さい。

精油と基材

  • 精油濃度:10%
  • 精油1滴=0.05ml

オレンジ・スィート 30滴
*プチグレン 10滴
ラベンダー・アングスティフォリア 60滴
 (※精油は全量約5mlです)
*無水エタノール 50ml
*リードスティック 4~6本

 

step
1

全量が入るガラス瓶に、無水エタノールを入れる。

 

 

step
2

それぞれ精油を入れていき、振り混ぜる。

 

 

step
3

リードスティックを数本さしてできあがり。
(長い場合はバランスを見てカットします)

 

※理想的なイメージです。

 

ガラス瓶は口の狭いものを使用すると、精油の蒸発を防げて長持ちします。

リードスティックはラタン(籐)ですが、竹串で代用することも可能です。

精油の量に対して、無水エタノールを10倍以上入れると、精油が分離せずに混ざります。

※無水エタノールは引火しやすいので、使用や保管の際は火器に十分注意しましょう。

使用した無水エタノールは薬局で手に入ります。
リードスティックは主に雑貨店などで購入できます。

 

作用と禁忌について

それぞれの精油についてはアロマオイルの項に書いていきますので、
ここではリードディフューザー全体の作用について見ていきます。

    • 精神安定作用
    • 精神強化作用
    • 精神高揚作用
    • 自律神経調整作用
    • 誘眠作用

【禁忌】

用法容量を守って使用すれば禁忌なし
※精油はネコ科の動物にとっては中毒を引き起こすおそれがあるので、念のため猫の居ない部屋で使用しましょう。

 

香りの印象は

『酸味のある甘酸っぱいラベンダー・アングスティフォリアが主で、オレンジ・スィートの甘くフルーティな感じと、
プチグレンのフレッシュで爽やかな柑橘系で、甘さの中にも柑橘類の爽やかな香り』といったところでしょうか。

トイレや玄関、寝室などに置いておくと、ほのかに香ってきてリラックス・リフレッシュできると思います。(@´∇`@)

-アロマクラフト
-

© 2020 工房toto&Rum